雅楽が由来の言葉いろいろ

 

私たちが日常的に使っている言葉の中には、雅楽に由来するものも沢山あります。今日は、その一部を紹介したいと思います。

 

・千秋楽

相撲や演劇などの最終日を「千秋楽」といいますが、これは雅楽の曲名が由来です(唐楽の管弦曲)。1144年に日本で作曲された曲で、仏教の法要の最後にこの千秋楽が演奏されていました。そこから、相撲などの最終日を千秋楽と呼ぶようになりました。

 

・二の舞

前の人と同じような失敗をすることを「〜の二の舞」「二の舞を踏む」といいますよね。これは、雅楽の「安摩・二の舞」という舞楽が由来です。「安摩」という舞の後に「二の舞」が舞われるのですが、前の「安摩」と同じように舞おうとするのに上手くできないことから、現在のような言われ方をするようになりました。

 

・あんばい

 

丁度良い具合のことを「あんばいがよい」といいます。漢字では「塩梅」と書きますが、雅楽でも篳篥の奏法に「塩梅(袁枚)」というものがあります。これは指の押さえ方を変えずに、吹き加減で音の高さを変える奏法で、これが雅楽の旋律を特徴づけます。篳篥で塩梅が上手くできるととても良い演奏となることから、丁度良い加減や気持ちの良いことを「あんばいがよい」と言うようになったという説があります。

 

・こつ

「コツをつかむ」の「こつ(乞)」とは、笙の丈の名前が由来です。笙には17本の丈が並べられていて、その中に乞(こつ)という竹があります。この乞は押さえるのが難しいことから、「こつをつかむ」という言われ方をするようになりました。

関連記事

  1. 籠釣瓶花街酔醒
  2. 雅楽の種類〜舞楽・歌曲編〜
  3. 雅楽の調子と拍子
  4. inst_01 歌舞伎と長唄三味線
  5. 日本舞踊の基礎知識
  6. b0124306_22452920 歌舞伎の舞台機構について
  7. 雅楽の種類〜管絃編〜
  8. pict_148 時代物と世話物

おすすめの記事

PAGE TOP