雅楽の種類〜管絃編〜

 

雅楽は主に、「管絃」「舞楽」「歌曲」「国風歌舞」の主に4種類に分けることができます。今回は「管絃」について、少し詳しく紹介しましょう。

 

・管絃

「管絃」とは、管楽器と絃楽器による合奏のことであり、雅楽の中でも外来の音楽を起源とするものに含まれます。これらの外来音楽には、中国・ベトナム・インド・ペルシャなどを起源とする「唐楽(とうがく)」、朝鮮や渤海の音楽を起源とする「高麗楽(こまがく)」の2種類があります。特に、唐楽には合奏曲である「管絃」と舞の伴奏曲の「舞楽」の両方が存在しますが、高麗楽には「管絃」はなく「舞楽」のみがあります。

 

管絃の編成

一般的に管絃の編成は笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の管楽器が各3人、琵琶(びわ)、箏(こと)の絃楽器が各2人、鉦鼓(しょうこ)、鞨鼓(かっこ)、太鼓(たいこ)の打楽器が各1人で、計16人編成となります。雅楽の管絃では、指揮者代わりとして、鞨鼓の奏者が全体のテンポなどを率いる役割を果たします。また、管楽器と絃楽器にはそれぞれ主奏者が決められていて、管楽器の主奏者は「音頭(おんど)」、絃楽器の主奏者は「面琵琶(おもびわ)・面箏(おもごと)」と呼ばれます。

関連記事

  1. 雅楽の基礎知識
  2. 琴の豆知識
  3. 雅楽の調子と拍子
  4. 歌舞伎の成り立ちについて
  5. inst_01 歌舞伎と長唄三味線
  6. 雅楽が由来の言葉いろいろ
  7. 日本舞踊の基礎知識
  8. 吟詠の基礎知識

おすすめの記事

PAGE TOP