雅楽の楽器紹介

 

今回は雅楽で主に使われる楽器を紹介します。それぞれ見た目が美しいだけでなく、特徴ある音は、しばしば神秘的な例えられ方をしています。

 

・笙(しょう)

吹き口から息を吹き込み、17本の竹菅の中にある金属で作られたリードを振動させて音を出します。この楽器は、息を吸っても吐いても音が出るので、鳴らし続けることができるのです。しかし、リードが湿ってしまうと音が鳴りにくくなるので、演奏の前には温めて、乾燥させておきます。

和音の「合竹」(あいたけ)という演奏方法が用いられ、雅楽のなかではファンデーション的な役割を果たします。「天から降り注ぐ光の音」などと表現されています。

 

・篳篥(ひちりき)

洋楽器にたとえるとオーボエのようなリード楽器で、竹の管に葦の茎でできた「舌」というリードをはめて演奏します。「塩梅奏法」といわれる独特な仕方で演奏されます。雅楽の楽器のなかでは最も小さいのに、その音は最も大きく力強く、「大地の人々の声」などと表現されます。

 

・横笛 〜龍笛(りゅうてき)・高麗笛(こまぶえ)・神楽笛(かぐらぶえ)〜

龍笛の音は、「天と地をつなぐ龍の声」と例えられています。主に唐楽の演奏で用いられます。高麗笛は、龍笛よりも小さく、高く鋭い音がでます。神楽笛は古来から日本に存在していて、神話にも登場しています。高麗笛とは対照的な、低く重い音がでます。また宮中における祭祀音楽のひとつである御神楽(みかぐら)に用いられています。

 

・太鼓・鞨鼓(かっこ)・鉦鼓(しょうこ)

太鼓は、まわりに火炎飾りが施されていて、皮面には三匹の唐獅子が描かれています。左右に掛かっているバチを使って叩き、打楽器として低音部を演奏します。

鉦鼓にも、太鼓と同じような火炎飾りが施されています。鉦鼓の場合は、皿型の青銅を2本のバチで擦り付けるように打ちます。太鼓より少し遅れて打ち、打楽器の高音部の役割を果たします。

鞨鼓は、樫や桜で作られた筒の両側に鉄の輪が張られていて、その上から革を皮緒で締め付けている楽器です。鼓面を左右にして、バチで両面とも雅楽独特のリズムで打って演奏します。この鞨鼓の速さが曲の速さとなり、コンダクターのような役割があります。

 

関連記事

  1. 雅楽の種類〜舞楽・歌曲編〜
  2. 雅楽の種類〜国風歌舞編〜
  3. 雅楽の種類〜管絃編〜
  4. 雅楽の調子と拍子
  5. 琴の豆知識
  6. 日本舞踊の基礎知識
  7. 歌舞伎の成り立ちについて
  8. 籠釣瓶花街酔醒

おすすめの記事

  1. pict_148
PAGE TOP