雅楽の基礎知識


雅楽とは?

「雅楽」とは、天の岩戸神話に起源を有する日本古来の「歌舞(うたまい)」や、6世紀半ば頃から、東アジア大陸の渡来人によって楽器とともに伝来した歌舞を、日本風にアレンジしたり融合させて生まれた音楽であり、千数百年の歴史があります。

  また、日本独自の正当な音楽として、主に皇室や貴族、神社、仏閣の祭礼を中心に演奏されてきました。明治時代以降は一般でも演奏会が開かれるようになりました。

雅楽の体系

  雅楽にはその起源系統によって、大陸系の「楽舞(がくぶ)」、「歌物(うたいもの)」、「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」の三種に分類されます。

「楽舞」は、中国大陸から伝来した「唐楽(とうがく)」、朝鮮半島から伝来した「高麗楽(こまがく)」に分類され、左方・右方とも言われます。これらは、使用される楽器にも微妙な違いがあります。

  「歌物」は、大陸系の音楽の影響を受けて平安時代に作られ、唐楽器などの伴奏で歌われるようになりました。歌物は、漢詩に節をつけて歌う「朗詠(ろうえい)」と、地方の民謡を雅楽風に編曲した「催馬楽(さいばら)」に分類されます。

  「国風歌舞」は、日本古来の原始歌謡とこれにともなう舞にもとづいて完成した歌舞であり、「神楽歌(かぐらうた)」、「東遊(あずまあそび)」、「倭歌(やまとうた)」などがあります。

関連記事

  1. pict_148 時代物と世話物
  2. 雅楽の楽器紹介
  3. 雅楽の種類〜国風歌舞編〜
  4. 雅楽の調子と拍子
  5. 日本舞踊の基礎知識
  6. 雅楽の種類〜舞楽・歌曲編〜
  7. 籠釣瓶花街酔醒
  8. 琴の豆知識

おすすめの記事

  1. b0124306_22452920
PAGE TOP