琴の豆知識

琴の豆知識

和楽器の代表であり、東洋のハープと言われる琴。一般的に、「琴」の字が使われる場合が多いですが、実は「箏」が正式な漢字です。(「筝曲」[そうきょく]、「筝曲家」など)

琴の起源は中国ですが、日本の琴また音楽が代表的です。3本の弦のものが主流であり、桐でできた胴体は龍の姿をイメージしています。中国ではこの想像上の龍を大変崇めており、各部に龍名が付けられていることからも分かるように、かつて琴は大変高尚な楽器であるとされ、上流階級の人々のみが演奏していました。
平安時代においては貴族のたしなみであり、源氏物語にもあるように、和歌と琴が上手な人が魅力的とされました。江戸時代になる頃には、主に盲目の男性によって作曲・演奏されるようになりました。

琴の演奏で使用する楽譜は、西洋音楽の音符の書かれた楽譜と異なり、縦に読みます。どの弦を弾けばいいのかは漢数字で示されているので、慣れてしまえば意外にも分かりやすい楽譜といえるかもしれません。

琴の流派については、一般的に「山田流」と「生田流」の二つがあるとされます。山田流は江戸、生田流は関西が発祥であるといわれています。
流派による主な違いには1 習得する曲に独自のものがあること、
2 使用する爪の形(山田流は先がとがっており、生田流は四角い)と演奏方法
3 楽譜の違い
などが挙げられます。

関連記事

  1. 籠釣瓶花街酔醒
  2. 雅楽が由来の言葉いろいろ
  3. 日本舞踊の基礎知識
  4. 雅楽の種類〜舞楽・歌曲編〜
  5. 雅楽の種類〜管絃編〜
  6. 雅楽の楽器紹介
  7. 雅楽の基礎知識
  8. 雅楽の種類〜国風歌舞編〜

おすすめの記事

  1. b0124306_22452920
  2. inst_01
PAGE TOP